トレス叩きは言いがかり、パクリ認定は気にする必要ない


絵を書いてると、トレス叩き、パクリ認定をしてくる人がたまにいる

しかし、その多くは言いがかりである

例えば、顔や体が似たような絵を持ってきて「お前はこれをパクったろ!」と言う人がいるが

世の中には、星の数ほど絵があるんだから、似たような絵の1つや2つはある

ポーズや構図が似たような絵は探せばいくらでもある

似たような絵を見つけて「お前はパクったろ!」と言いがかりをつけてくるのだ。

ひどい人になると「腰やアゴのラインが似てる」「髪の書き方が似てる」なんて事でパクリ扱いする人もいる

言いがかりにもほどがある。

企業が他の企業に対して「お前の企業のデザインはうちにそっくりだ!パクったな!」って言うのと同じだ

似てる商品なんて世の中にいくらでもあるし、そういうのを探して言いがかりをつけてるだけだ。

ほとんどは気にする必要ない


昔はパクリ認定がひどかった

自分がパソコンで絵を書き始めた、10年前はトレス叩きやパクリ認定がひどかった

2008年~2012年のころは、少しでも似てる部分を見つけてきて、「お前はこれをパクったろ!」と言いがかりをつけてくる人が多かった

まるで、ヤのつく自由業が企業を脅迫するようなモノだ

そして、昔はネット全体が「叩けるものは何でも叩け」という空気だったので、

1度パクリ認定されると、パクったのが事実のように扱われ、2chまとめで急速に広まっていく

ひどい時代だった・・・

マンガやアニメを好きな人は若い人が多いので、誰かが叩き始めると周りも便乗して叩く

作者が弁明しても聞かず、パクったのが事実のようなデマを流し続ける

まるで学校のいじめと同じだ。


トレス叩きは新人いじめ

過去にたくさんのトレス叩き事件を見て気づいたことだが、

有名マンガ家のトレス疑惑は叩かないのに、

新人のマンガ家や、同人絵師のトレス疑惑は狂ったように叩く人が多かった

ジャンプのマンガ家のトレス疑惑が出ても擁護する人が多いのに、

ピクシブやTwittr絵師のトレス疑惑は鬼の首を取ったように叩く人がたくさんいた

結局、トレス叩きやパクリ認定の多くは、言いがかりをつけるイジメだ

新人で目立つ絵師が出てきたら、難癖をつけて叩く

トレス叩きやパクリ認定の多くは、ただの弱い者いじめ、難癖をつけてるだけ

『出る杭は打たれる』という日本で昔からあるやり方だ

映画や小説なども、新人がヒット作を出すと「パクリだ!」と言い始める奴が必ず出てくる
最近では「君の名は」なんかのパクリ認定が有名だった

結局、世の中には星の数ほどの絵や話があるから、似たような作品を見つけてパクリ疑惑を作るのは簡単だ

2chやTwitterの奴はパクリ叩きする資格なし

2chやTwitterの奴らはパクリ叩きする資格ないと思うんですよね

彼らは、いつも勝手に画像や動画をパクって転載してるじゃないですか?

著作権侵害しまくりのくせに、他人の絵には難癖をつける

そんな人らに、パクリだ何だと言われたくない

ネットの人って他人には厳しく、自分には甘い奴らが多い