ドラゴンボールハラスメントの意味とは? 発端は?


最近、『ドラゴンボールハラスメント』という言葉が流行ってるらしい

ドラゴンボールハラスメントの意味

主に

  • 「ドラゴンボールを知っていて当然」という圧力
  • 「ドラゴンボールを批判してはいけない」という圧力

などではないか?

ドラゴンボール世代は、今や30代~40代になり社会の中心となってきたので、
この世代が原因でドラゴンボールを批判できない空気が出てきたと思う

発端は?

liginc.co.jp

ドラゴンボールハラスメントの発端はこちらのブログ

こちらのブログで「ドラゴンボールに否定的な感想」を書いた所
ツイッターを中心に炎上して、ニュースサイトでも取り上げられ
ドラゴンボールハラスメントという言葉は一躍、広まったと思う

上のブログを書いた26歳の男性はツイッターでボコボコに叩かれたのである


会社まで批判をする人も

f:id:yamadatakasi:20181018115726j:plain
上の男性の会社に飛び火しそうな勢いである

叩いてる奴はダサい

叩いてる奴はダサいなあって思う

自分は90年代の頃に10代を過ごした30代で、DBをリアルタイムで見てた

そんな自分が思うことは、マンガの事で良い歳したオッサンの集団が、若者をイジメるのはみっともないよ
集団でTwitterで叩かなくてもいいじゃん、相手は26歳の若者なんだし

同じ30代のおっさんとして情けなく思うね

そもそも、ワンピースや手塚治虫は叩く人が多いのに、ドラゴンボールだけ神格化されて「叩くのすら許されない空気」があったのは違和感があったね

「ドラゴンボール面白くない」って言ってもいいだろ

個人的に、言わせて貰うと「ドラゴンボールを面白くない」と言ってもいいだろと思う

90年代のマンガが再びアニメ化されると、大体は「つまらない」って言う人が出てくる

自分が好きな「うしおととら」や「銀英伝」も面白くないって言われて悲しい気分になった・・・

だから、「ドラゴンボールを面白くない」って言う感想があっても良いと思う

昔はドラゴンボールを批判する人が多かった

ドラゴンボールがやってた90年代のころは、マンガは差別対象であり
社会から否定されるのが当たり前だった

「大人がジャンプを読むのは恥ずかしい」と新聞でバカにされ、テレビでもオタクは恥ずかしい存在として扱われていた。

そんな、オタク差別の時代に青春時代を過ごした自分からすると、

「昔はマンガを批判する人が腐るほどいたし、1人~2人が批判したくらい別にいいだろ」って思う

そういう意見もあるんだから

万人が面白いと思うマンガなんかないし、つまらないと思う人がいるのは当然