マンガアプリ研究所

マンガアプリのブログです

絵が上手くならない理由、10年間パソコンで絵を書いた反省

10年前からパソコンで絵を書き始めたのですが、正直あまり絵が上手くならなかった
反省も含めて、自分が絵が上手くならない理由をまとめ

本を読んでも上手くならない

10年前は今と違って、ネットで絵の描き方を解説してくれる便利なサイトは少なく、もっぱら絵の勉強をするなら本を買って読まないといけなかった。

しかし、こういう本を読んでもあまり上達しない、なぜなら文章や画像で絵の描き方を説明するのは難しいからです。

例えば、私が最初に買ったフォトショップで絵を書く本では「指先ツールでぼかす」と書いてありますが、「どうやってぼかすのか?」という重要な事は書いてませんでした。

指先ツールって色を伸ばすだけですし、それでなぜボケるのか? 分からなかった。

今ならフォトショップの指先ツールでぼかす方法は分かりますが、文章だけではよく分からない

動画を見なかった

絵が上手くなりたいと思ったら、書いてる人の動画を見るのが一番効率が良いです。

動画を見れば、細かい設定、仕上げの方法や工程、ブラシの設定などの、絵を見ただけでは良くわからない部分が明らかになるので良いです。  上でも書きましたが画像や文章だけ見てても理解できない部分が多すぎる。

私が絵を書き始めた10年前は、動画サイトなどは少なくニコニコ動画やYou Tubeも世に出たばかりでした。

ですから、お絵かき動画も少なく、絵の描き方を知りたくても細かい部分はよく分からなかった。

絵が上手くならなかった理由は、動画を見れなかったせいもある。

早送りや画質が荒い動画を見ても意味ない

お絵かき動画の中には、早送りの物が多いですが、正直こういうのを見ても上達しません。

早すぎて何をやってるのか意味不明だから😂

16倍速のお絵かき動画とかありますが、速すぎて理解不能です。

また画質の悪い動画も細かい部分が分からず見ても勉強にならない。

昔のお絵かき動画は、早送りや画質が荒い動画が中心だったので、なかなか勉強になりませんでした。